じゅころぐAR

ARのブログ

Amazon EC2 Mac InstancesでXcodeビルドがしたい(けど今はできなかった)

AWSのre:Inventで斜め上のアップデートが来ましたね。

データセンターに大量のMac Mini運び入れてるのシュールすぎる。
でも、これでMac持ってない人でもiOSアプリビルドできるし、がんばればGithub連携してビルド自動化もできちゃいそうな気がします。

さっそくやる

東京リージョンにはまだ対応してないようです。
M1チップの対応も年明けになるみたい。

New – Use Amazon EC2 Mac Instances to Build & Test macOS, iOS, ipadOS, tvOS, and watchOS Apps | AWS News Blog

リリースと同時に対応しているリージョンは以下。
US Eastか日本に近いとこでSingaporeあたりで試すのがよいでしょう。

  • US East (N. Virginia)
  • US East (Ohio)
  • US West (Oregon)
  • Europe (Ireland)
  • Asia Pacific (Singapore)

という訳で、US EastリージョンでEC2の作成画面を見ると、

f:id:jyuko49:20201201211638p:plain

選べますね!!

ここで冷静になって料金を調べる

Macインスタンスを使うには専有ホストを立てる必要があるらしい。

料金表のリンクはこちら
料金 - Amazon EC2 Dedicated Host | AWS

mac1は1時間あたり1.083USD。
1日あたり約24USDなので、2,500円くらい。
1ヶ月だと約75,000円ですね。

専有ホストなのでインスタンス止めただけだと課金されちゃうし、決して安くはないですね。
今後Macインスタンスの利用者が増えると、プライスダウンされる可能性もありますが。

とりあえず、インスタンス作って軽く動かしてみて、ホスト解放するとこまでやりましょう。

インスタンス作・・・れなかった

何も考えずにインスタンス作成します。

f:id:jyuko49:20201201212704p:plain

エラーになりました!

専有ホストを先に作成しておかないとダメらしい。

f:id:jyuko49:20201201215115p:plain

作りましょう。

f:id:jyuko49:20201201222734p:plain

またしてもエラー…

f:id:jyuko49:20201201222757p:plain

リリースされたばっかりで制限が解除されてないっぽい。
AZやリージョンを変えてもダメ、CLIで叩いてみてもダメでした。

続きは日を改めて試します(無念…)